パーソナルカラーという言葉があるわけですが、これもカラーセラピーに関係してくることになります。人それぞれ、違う肌の色や瞳の色であったり、髪の色も違うということになりますから、自分にとって何が大事な色であるのか、ということから考えてみるとよいでしょう。パーソナルカラーを正しく選ぶことによって、自分のためになるわけです。カラーセラピーと自律神経に影響がある、ということは確かでしょう。

 

自律神経にダイレクトに関係してくるわけではないのですが、カラーセラピーによって今の状態を把握して、そしてそれを改善したりすることもできます。眼に入る色というのは要するに脳に刺激を与えることになります。だからこそ、自律神経にも意外とアプローチしたりすることもあったりします。カラーセラピーというのはそこまで需要ではない、ということもあったりしますから割とそんなに普及していることではありませんから、やってくれる人を見つけるのは難しいことであったりもします。